相談予約
  1. TOP
  2. セックスレスの解消法

目を合わせると夫婦の興奮度が上がる

目を合わせない夫婦

セックスレスの夫婦はちょっと振り返ってほしいのですが普段お互いの目を合わせる機会はどれくらいあるでしょうか?

「そういえば夫と全然目を合わせてないな」と思い出す人が意外と多いのですが実は目を合わせる機会が少ないことがお互いの興奮度を下げている可能性があるのです。

逆に目を合わせる機会を増やすことでセックスレスの解消につながることもあります。すぐに解消できなくてもお互いに対する性的な魅力や恋愛的なドキドキが復活する可能性もあります。

目を合わせることの効果

目を合わせることで初対面の人同士でもお互いを魅力的だと評価することも分かっています。

古い研究ですが米国クラーク大学が実験参加者をペアにしてお互いの手を凝視する、まばたきを数える、目をじっと見つめるのどれかを行わせたところ、目を見つめたグループは相手の魅力を高く評価し愛情も感じたという結果が出ています。

なぜ目を合わせると興奮を高めたり相手の魅力を高く評価するかというと脳に変化が起こるからです。別の研究ですが他人の目を見続けているとき脳内で何が起こるかということをMRIで調べたところ感情を司る扁桃体への血流が増えていたということも分かっています。つまり興奮してドキドキしやすいということです。

オキシトシンやフェニルエチルアミンという愛情に関係するホルモンの分泌が促されることも分かっています。

脳は原因と結果を区別しない

日本人はシャイなのであまり目を合わせない人が多いです。セックスの頻度に関する世界的な調査で日本は低い順位となっていますが、もしかしたら目を合わせる機会が少ないことで興奮しにくくなっていることも原因かもしれません。

とはいえ外国人であっても会話中にずっと目を合わせてるわけではありません。文化人類学者や微表情分析の専門家が様々な文化圏でアイコンタクトについて調査を行っていますが長く目が合っている状態はどんな文化圏でも不快に感じる人が多いことも分かっています。

人間を含む動物がずっと目を合わせるというのは敵意を向けたという意思表示になるからです。しかし親しい間柄であれば目が合い続けても争いは生じません。

人間の脳は原因と結果を区別しないといわれることもあります。目が合っていても親しいから争いが起こらないと判断することもあれば、目が合っているのに争いが起こらないのは親しいからだと判断することもあるのです。

目を合わせるとトリップする

何年か前に「両思いになれる36の質問」というのが英語圏で流行ったことがあります。吊り橋効果で有名なアーサー・アロン博士らが考えたものです。

お互いに関する36の質問をした後に4分間見つめ合うことでお互いに対する好意が芽生えるというものです。この実験に参加した人の中で結婚までいった人たちもいたということで話題になりました。

36の質問と目を合わせる実験

ほかの実験では質問をしなくても目を2分間合わせ続けるだけで好意を抱きやすくなるという結果が出ているものもあります。

少し危険な話では10分間見つめあうことによってアルタード・ステイツ現象というトリップ状態を体験できたという実験もあります。目を合わせるというのはそれだけ強力な効果をもたらすのです。

セックスレス状態になっているカップルは目を合わせる時間を増やしてみてください。自分から目を合わせればパートナーも合わせるでしょうしドキッとさせる効果もあると思います。

またあなた自身がパートナーに対する新たな魅力に気づくこともあるかもしれません。

参考にした論文
・MEG Evidence for Dynamic Amygdala Modulations by Gaze and Facial Emotions.
・Looking and loving: The effects of mutual gaze on feelings of romantic love.
・Dissociation and hallucinations in dyads engaged through interpersonal gazing.