フェロモン香水に媚薬としての効果はないことが実験で判明

性科学

セックスレスの悩みを抱えている女性から「フェロモン香水を使ったら夫の性欲が回復しますか?」と聞かれることがあります。

結論から言ってしまうと不可能だと思います。

そもそも人間にフェロモンが存在するのかは分かっていませんし、フェロモンの可能性があるとされていた物質にも媚薬のような効果はないということが実験からも分かっています。

人間は匂いの影響を受ける

人間が匂いの影響を受けそれが判断に影響するということは分かっています。

Tシャツの匂いを嗅ぐ実験

有名な実験なので知っている人もいるかもしれませんがベルン大学が男性が着用したシャツの匂いを女性に判断してもらうという実験を行いました。

すると女性は自分とはかけ離れた遺伝子の型を持つ男性のシャツの匂いを好きと評価したのです。また彼氏や元カレを思い出しやすい匂いであるとも判断しました。

これは強い子孫を残すために自分と異なる遺伝子を持つ相手を求めるからではないかとされています。

フェロモンは全ての人間に作用する

しかし上記の実験で女性が判断したのはフェロモンではありません。あくまで個人的に好きな匂いを嗅ぎ取っただけです。

仮に特定のフェロモンが存在するとしたら全員が好きと判断する匂いはそれを最も多く持つ男性に集中するはずです。

そもそもフェロモンとはただの匂いのことではありません。フェロモンとは同種の他個体に特定の行動や生理的な変化をもたらす化学物質のことです。一部の人間にしか作用しないのではなく全ての人間に作用するのがフェロモンなのです。

人間においてはその物質が何なのかは特定されていません。そもそもフェロモンが存在するのか?存在するとしてそれを受容する器官はきちんと機能するのか?ということさえ分かっていないのです。

フェロモンとされていた物質に効果がなかった

人間のフェロモンではないかとされていた物質として男性の汗などに含まれるアンドロスタディエノンと女性の尿に含まれるエストラテトラエノールの2種類があります。

フェロモン香水として販売されている商品に含まれていることが多いのもこれらの化学物質です。

フェロモンの効果を確かめる実験

西オーストラリア大学がこれらの物質が本当に媚薬のような働きをするのか確かめた実験があります。

アンドロスタディエノンとエストラテトラエノールの匂いを嗅がせた状態で中性的な顔立ちの写真を見せ、それが異性に見えるか同性に見えるか?と異性に見える場合にはどれだけ魅力的か?ということを判断させたのです。

仮にアンドロスタディエノンとエストラテトラエノールにフェロモンとしての効果があるのだとしたら他の物質を嗅がせた状態のときよりも異性と判断する確率と魅力的と感じる確率は高くなるはずです。

しかし結果はアンドロスタディエノンとエストラテトラエノールも判断には何の影響も及ぼさなかったのです。つまりこれらの物質がフェロモンではなかったということです。

フェロモン香水の効果があったという人に会ったことがない

バラの匂いが顔の評価を高めるとか、甘い匂いのする場所ではナンパ成功率が高くなるなど良い匂いが良い印象につながるという実験は複数あります。

しかし香りの好みは個人差がありますからあなたの夫や彼氏がそれらの匂いが好きかどうかは分かりません。仮に好きだったとしてもそれが性欲を高める効果まであるかは分からないのです。

フェロモン香水のような科学的根拠のないものに騙されないように注意してください。相談に来る女性の中にもフェロモン香水を使ったことがあるという人がときどきいますが今のところ効果があったという人はいません。

フェロモン香水をつかうくらいであれば自分の匂いを嗅がせたほうが効果は期待できます。排卵前の女性の匂いが男性をムラムラさせるという研究興奮した女性の汗の匂いが男性のセックスへの欲求を高めるという研究もあるのです。

参考にした論文
MHC-dependent mate preferences in humans.
Putative sex-specific human pheromones do not affect gender perception, attractiveness ratings or unfaithfulness judgements of opposite sex faces.

タイトルとURLをコピーしました