相談予約
  1. TOP
  2. 女性の性欲

女性向けAVは没入感で選ぶと興奮できる

AVを見る女性

女性向けAVについては「女性が見ても興奮できなかった」など賛否両論あるのですが、没入感を得られるものであれば性的興奮をもたらす効果が期待できるかもしれません。

出演者している女性に自分を重ねられる作品ということです。男性の場合は第三者視点でAVを視聴しても興奮できますが女性の場合は作品に入り込めないと興奮しにくいのです。

女性は参加者視点になれないAVには興奮しない

キンゼイ研究所がAV動画を視聴したときの興奮度に影響を与える要因に男女差があるか調べた実験があります。参加者に動画を見せてどれくらい興奮したかを評価させたのです。

それによると男性は観察者視点で見ても参加者視点で見ても興奮することが分かりました。しかし女性は参加者視点で見ることができないと興奮しないことが分かりました。

男性は視覚からの刺激に影響されやすいのでどのような視点で見ても興奮しますが、女性の場合は他の要因も複雑に絡み合うのでこのような結果になったのかもしれません。

なので女性がAVを見るときは自分が参加者視点になれるかという基準で選んでみると良いかもしれません。女性向けAVはそのような視点でつくられたものが多いので男性用AVで興奮できない女性も琴線に引っかかる可能性が高いということです。

同性が選んだAVのほうが興奮できる

男性用のAVよりも女性向けAVのほうが良い理由はもう一つあります。

実はこの実験で参加者は20本の動画を見せられたのですが半分は男性が選んだもので残りの半分は女性が選んだものとなっていました。

参加者の評価を詳しく見ると、男性は男性が選んだ動画のほうが興奮の度合いが高く、女性は女性が選んだ動画のほうが興奮の度合いが高い傾向にあることが分かったのです。つまり同性が良いと評価したものに興奮しやすいということです。

興奮するAVの男女差

女性向けAVは監督が女性だったり女性の意見を反映して作られていることが多いですからそういった面でも興奮しやすいかもしれません。

また動画に対する評価のバラつきは女性のほうが大きいことも分かりました。つまり人によって興奮したと評価できる動画がバラバラということです。

自分はAVでは興奮できないタイプと決め付けることなく色々なジャンルを視聴してみると良いかもしれません。

参考にした論文:Selecting Films for Sex Research: Gender Differences in Erotic Film Preference.