いつも妻から誘うのは危険?

夫を誘う妻夫の心理

セックスの頻度はそれなりにあるけれどいつも妻である自分から誘っている…。

夫はそれほど自分とのセックスに乗り気ではないのだろうか?

このままいくとセックスレスになる危険もあるのでは?

そんな心配をしている女性もいるかもしれません。

妻から誘われることで興奮してくる夫もいる

女性の場合はセックスしたい気分でなくても彼氏や夫に誘われて、イチャイチャしているうちにだんだんと盛り上がってきて性欲が高まることもあると思います。

女性の性欲はゆっくりと上昇してゆっくりと下降するともいわれます。雰囲気や流れの影響も関係しますから自然なことかもしれません。

これと反対に男性の場合は「ヤリたい」と思ったら最初から激しく興奮していることが多いです。

最初は乗り気でなかったけれど妻から誘われて前戯をしているうちにだんだんとエッチな気分が沸いてきて…というイメージはないかもしれません。

しかし中にはこのような受動的ともいえる性欲のパターンを持つ男性もいるのです。割合でいうとかなり低いですが…。

いつも妻であるあなたから誘ってセックスをしているけれど、旦那も興奮しているし満足もしているように見えるのであればこのパターンかもしれません。

そうであれば妻から誘うのが当たり前となっていてもそれほど気にしなくて良いかもしれません。

18歳から75歳の2215人の男性の性欲パターンを調査

男性の中にも誘われることでその気になる反応的な性欲パターンがあるのか?ということを調べた研究があります。

ザグレブ大学のアレクサンダー・シュトゥルホーファー教授らが18歳から75歳の2,215人の男性を調査したものです。

この調査では参加者にアンケートを行い自分の性欲パターンが次の3つのどれに当てはまるかを確認しました。

  • 性欲の低下を感じている(23.6%)
  • 性欲の低下を感じていないがセックスはたいてい最初は望んでいない状態で相手からの誘いでする(2.5%)
  • 性欲の低下を感じておらずパートナーが望んだからという理由だけで性行為を行うことはほとんどない(73.9%)

性欲が低下していなくても誘われてセックスをするのが日常的なパターンとなっている男性も2.5%ほどいることが分かりました。

妻のために無理しているわけではない

反応的な性欲を持つ2.5%の人たちは妻から誘われたので無理にセックスしているのでは?と思うかもしれません。

しかしその可能性は低いと思われます。

この調査ではセックスの頻度と満足度も確認していたのですが、受け身な男性と自分から誘う男性の間に有意差はなかったのです。

つまり毎回のように誘われてセックスをする男性も、自分から誘ってセックスをする男性もセックスの頻度と満足度は同じということです。

性的健康に関しても差はありませんでした。

妻に対する性的退屈さは感じているのかも

ただし一つだけ心配なことがあります。

それは性的退屈さについては反応的な性欲を持つ人たちのほうがスコアが高かったことです。

性的退屈さとは同じ相手とのセックスへの飽きやすさなどのことです。

もちろん全員がパートナーとのセックスに飽きているから受け身になっているということではありません。

もとから誘われることで盛り上がるタイプという人もいるでしょう。

しかし最初の頃は夫から誘うことも頻繁だったのに長い付き合いになるうちに妻からしか誘わなくなったのであれば、性欲はあるけれど妻には飽きているという可能性が考えられます。

イメチェンをするなどしてマンネリを打破する必要があります。

参考文献:Aleksandar Štulhofer , Ana Alexandra Carvalheira & Bente Træen (2012): Is responsive sexual desire for partnered sex problematic among men? Insights from a two-country study.

タイトルとURLをコピーしました