相談予約
  1. TOP

セックスレスの夫の心理、なぜ妻とのセックスを拒否するのか?

なぜセックスをしないのか?と夫に聞いても正直な気持ちを教えてくれないこともあります。

本音を伝えることで傷つけてしまうと考え「疲れているから」などと言って誤魔化してしまうのです。

実際のところ夫のどのような心理が夫婦をセックスレスへと陥らせてしまうのでしょうか?

妻に性的な魅力を感じなくなった

疾患などがない場合に夫がセックスをしたくなくなる理由として多いのは妻に性的な魅力を感じなくなってしまったというものです。

魅力を感じなくなる原因として新鮮さと危機感が失われたことが考えられます。オルブライト大学の実験でも男性が女性に新鮮さを求めることが分かっています。

妻といつも一緒にいて同じようなセックスをしていると新鮮さが失われてしまい魅力を感じなくなります。

また妻が他の男に奪われることはないと安心することもセックスレスにつながることがあります。オークランド大学の調査でも妻が男友達と過ごす時間が長い夫ほどセックスに対する欲求が強いことが分かっています。これは夫の中に「妻を奪われるかもしれない」という心理が芽生えているからと考えられます。

マドンナ・ホア・コンプレックス

結婚するなら清楚な女性が良いけれどセックスするならケバい女性のほうが興奮するという男性がいます。

このような心理を「マドンナ・ホア・コンプレックス(聖母か娼婦かの葛藤)」といいます。

夫がこの心理を持っている場合、妻のことが大切すぎて性の対象として見られなくなることがあります。

テストステロン値の低下

夫の性欲そのものが加齢によって低下していることでセックスレスになっていることもあります。

男性の性欲を高めるのはテストステロンという男性ホルモンです。テストステロンは体内で分泌されますがその量は年齢が上がるとともに減っていきます。

ノースカロライナ大学の研究によると30歳を超えたあたりから毎年0.4%から2%ずつテストステロン値が低下していくことが分かっています。

(参照:Testosterone deficiency in the aging male.)

子供が欲しいから

矛盾するようですが子供が欲しいと思っている男性のほうがセックスをしたいという欲求が低いという研究があります。

子供ができることで責任が増えたり生活習慣が変化することへの無意識の恐れが妻とのセックスを遠ざけている可能性があります。

夫も子供を欲しがっているのにセックスレスになっているという人は将来の不安などがないかきちんと話し合ったほうが良いかもしれません。

セックス以外の方法で快感を得ることに慣れてしまった

セックスをすると脳内の報酬系が活性化され興奮や快感を覚えます。しかし他の手軽な方法で報酬系を活性化することに慣れてしまうとセックスに対する欲求が低下することがあります。

イタリアの大学の研究でもゲームをする人はしない人と比べて性欲が低いということが分かっています。ゲームから得られる快感で十分という心理になっている可能性があるのです。

またゲームの刺激が強すぎてそれに慣れるとセックスの刺激に魅力を感じなくなってしまうこともあります。

ゲームに限らず夫が何らかの気軽に快感を得られる方法を持っていることがセックスレスに陥らせているのかもしれません。

セックスレスの夫の心理についてのその他の記事