自分の体に自信が持てない女性は…性交と自慰への欲求が低い

自分の体に自信が持てない女性女性の性欲

性欲がないわけではないけれど、セックスも自慰もそれほどしたいと思えない…

そういった行為をしても興奮しないし肉体的な気持ち良さも感じない…

もしあなたがこういった状態ならばそれは自分の体に自信が持てないことに原因があるかもしれません。

ボディイメージと性的欲求の関係

ジュネーブ大学のアレッサンドラ・ドッシュ博士らがボディイメージと性的欲求の関係について調べました。

対象となったのは平均年齢38歳の53人の女性でパートナーとの平均交際期間は14年でした。

被験者には自分の体重をどう感じているかや体の部位についてどれだけ満足しているかという項目の並んだ質問票に回答してもらいました。

またどれくらい性交をしたいと思うか?どれくらい自慰行為をしたいと思うか?ということも確かめています。

その結果、ボディイメージと性的な行為への欲求には相関があることが分かりました。

自分の体に自信がある女性ほど性交や自慰をしたいという欲求が強いのです。

自分の体に自信が持てない女性の欲求が低い原因

なぜ自分の体に自信のある人は性的欲求が高く、体に自信のない人は性的欲求が低いのでしょうか?

考えられる理由としては行為中に「パートナーは私の体をどう思っているのだろう?」という不安を持ちやすいことがあります。

このような思考が生まれるとセックスそのものに集中できなくなります。すると興奮しにくくオーガズムにも達しにくくなってしまいます。

そして「セックスはそれほど良いものではない」という無意識が出来上がるため、性的な手掛かりにも反応しにくくなるということです。

テキサス大学オースティン校の実験でも自分の体に自信のある女性のほうが性的刺激を提示されたときに欲求が高まるという結果が出ています。

なぜ女性はボディイメージを気にするのか?

男性よりも女性のほうが自分の体を気にする傾向にあります。

そして不満も持ちやすいです。もっと痩せていれば良いのにとか、お尻や胸の形がもっと綺麗なら良いのにと思いやすいです。

ダイエットや美容に関連する商品が女性に向けたものが多いことからもこれは間違いないでしょう。

なぜ女性はここまでボディイメージを気にするのかというと社会から洗脳されているからです。

幼いころから美しい外見でなければならないという意識を植え付けられているのです。

周囲の人間の言動やメディアが発するメッセージによって細くてメリハリのある体型が正しいものという固定概念が刷り込まれているのです。

実際に欧米のファッション文化に洗脳されていない国の女性のほうが、刷り込みがされていないので自分の体に対する自己評価は高いという研究もあります。

つまりあなたが自分の体に自信が持てない大きな理由は勝手に作られた理想像と比べてしまっているからなのです。

(もちろん進化生物学的な話としてクビレのあるほうが生殖能力のアピールになるからということも考えられますが…)

女性が思う理想の体型は痩せすぎ

セント・アンドリューズ大学の研究では男性が理想とする体型と女性が理想とする体型にはかなりの違いがあることが分かっています。

この差を日本人女性の平均身長で計算すると約5kg前後の差になります。

女性がモテると思っている体型よりも5kg重たい体型のほうが男性は好きということです。

またダイエット中の人がよく憧れのモデルの写真をスマホの待ち受けにしていたりしますが、これも人によっては逆効果となります。

自分の体と比べることで余計に自信を失ってしまうこともあるのです。冷蔵庫にモデルの写真を張ると摂食障害になりやすいという研究もあります。(もちろん人によりますが)

あなたが自分の体に自信が持てないのは単にメディアや現代社会の文化に洗脳されているだけです。

なので早くその誤った思考を捨てましょう。

否定的なボディイメージは性欲を低下させるだけではなく、自尊心の低下や不安感につながるという研究もあります。

参考にした論文
・Alessandra Dosch, Paolo Ghisletta, et al. (2016). Body Image in Dyadic and Solitary Sexual Desire: The Role of Encoding Style and Distracting Thoughts.
・Seal, B. N., Bradford, A., & Meston, C. M. (2009). The association between body esteem and sexual desire among college women.

タイトルとURLをコピーしました