セックスした次の日は仕事に良い影響が出るらしい

セックスした次の日の仕事性科学

セックスが次の日の仕事に与える影響を心配しすぎていないでしょうか?

自分はセックスしたいと思っていても夫や彼氏の仕事に悪影響を与えてはいけないと考えて誘いにくくなっていないでしょうか?

それが続いてセックスレスになってしまうなんてことも…。

そもそも前日のセックスは次の日にどのような影響を与えるのでしょうか?

セックスは次の日に良い影響を与える

精神面に限っていえばセックスは次の日の仕事に良い効果をもたらすといえます。

一晩中寝ずに行為をすれば体力の消耗と寝不足によってパフォーマンスを落としてしまいますが、そうでなければセックスは仕事の満足度を高めてくれるのです。

仕事に対する熱意や思い入れ、貢献したいという意欲をエンゲージメントといいますが、セックスをした次の日はこのエンゲージメントも高まることが分かっています。

満足度とエンゲージメントを高める

オレゴン州立大学のキース・レビット博士らがセックスが翌日の仕事の気分にどう影響するか調べました。

174名の男女を対象にセックスの有無と次の日の仕事中の精神状態についてのアンケートを行ったのです。

そこから分かったことはセックスをすると次の日の仕事に対する満足度とエンゲージメントが高くなるということです。

これにはパートナーに対する感情は関係ありませんでした。

つまりパートナーのことをどう思っているかに関係なくセックスが仕事中の感情に良い影響を与えたということです。

(関係への満足度とセックスへの満足度は相関するという研究が多い中でこれは意外な結果でした)

「疲れているから」と断られてしまうと辛いけど…

この調査では家族内で対立や緊張が発生した日はセックスをする可能性が低くなるというデータも出ています。

当然といえば当然ですね…。ケンカしたり問題が起こったときはそういう雰囲気にはなりにくいものです。

家庭の雰囲気が良ければセックスする可能性は高まり、それによって気分良く仕事ができるとさらに雰囲気が良くなるというプラスのサイクルが期待できます。

夫を誘ったときに「疲れているから」と断られてしまうとそれ以降は仕事への影響ばかりが気になり誘いにくくなってしまうこともあるかもしれません。

しかし精神状態についてのみ考えるならセックスは次の日の仕事に良い影響をもたらすということを覚えておいてください。

参考文献:From the Bedroom to the Office: Workplace Spillover Effects of Sexual Activity at Home.

タイトルとURLをコピーしました