一般的な腰痛についての考え方

腰痛【軟部組織損傷】

腰痛は日常生活で頻発する損傷です。中腰で物を持ったり、スポーツで発症したり、労働者が重量物を運搬する際に生じるもの。加えて本来その人が持っている基礎的疾患(不良姿勢、作業時の姿勢などに様々な外力、自家筋力などが加わり損傷を起こしているものが多く見うけられます。
腰痛、つまり腰部の軟部組織損傷の原因を⒈関節性 2.靭帯性 3.筋肉・筋膜性に大別することができます。

1.関節性
a)椎間関節
外からの力が椎間関節に歪みを起こし比較的限局した圧痛タイプの腰痛、腰部伸展時痛が主体で多くみられます。
b)椎間板(椎体間関節)
上下椎体間にある椎間板は弾力性に富み脊柱を前後左右に可動性を可能にし、足底からの衝撃から直接、脊柱や頭部に衝撃を受けないようにクッションの働きも兼ね備えています。
境界線がはっきりとわかりにくい両側性の腰痛(鈍痛性)が多く、下肢への関連痛があるが神経根障害の所見は少なく強い腰痛と坐骨神経痛を訴える椎間板ヘルニアとの鑑別が大切です。

2.靭帯性
a.椎骨部の靭帯(棘上靭帯・黄色靭帯・棘間靭帯)
これらの靭帯の作用は脊柱の過度前屈を制限するものであるが、重量物を運搬する際に(腰前屈位)仙棘筋(長肋筋、最長筋)による保護が無くなり、作用する荷重によるストレスが全ての靭帯に加わり、各棘突起上からの断裂が生じやすくなります。

b.仙腸関節部の靭帯(前仙腸靭帯、骨間靭帯、後仙腸靭帯)
仙腸関節面は繊維軟骨でおおわれており、非常に強靭な関節包がこのほとんど動かない関節を包んでいます。関節包は前仙腸靭帯、骨間靭帯、後仙腸靭帯によって補強されている半関節と呼ばれる関節です。仙骨を中心に蝶の羽のように開いた寛骨には姿勢状態の変化に伴うねじれのストレスが発生しやすく、靭帯群によってねじれのアンバランスが加わり、損傷の大きな原因となっているようです。

3.筋・筋膜性

筋・筋膜性腰痛症とは異常姿勢や長時間にわたる腰部の負荷により筋肉が損傷して炎症を起こしたり、過度に緊張した状態になって痛みを生じるものです。この場合は筋の肉ばなれのような症状で、一般的には重量物を持ち上げようとした際やスポーツ障害、いわゆる無理な体勢によって背筋群(広背筋、脊柱起立筋)や臀部の深層筋の梨状筋損傷などが多くみられます。急性の筋膜や筋肉損傷はいわゆる肉ばなれや腰椎捻挫とも呼ばれ、症状は腰椎に沿って発生する腰痛や圧痛、運動時痛ですが、殆どの場合には1.関節性と2.靭帯性が合併しているものが多くみられます。

 

長崎市の整骨院なら痛くない本格派骨格矯正専門院 桜馬場整骨院へ

◆当院では自分の身体と真剣に向き合っていきたい。そう思える方のお役に立ちたいと考えています。
皆さまのご来院を心よりお待ちしております。♪

*****************************
長崎駅より車で5分 新大工町電停目の前
長崎市伊勢町4-10江口ビル3F

◆腰痛、肩こり、首痛、頭痛、膝痛から慢性的な身体の不調までお任せ下さい。※保険適応/保険適応外も含みます。
桜馬場整骨院
フリーダイヤル 0120-396-815
■LINE予約も受付中!■
24時間ライン予約はこちらから http://line.me/ti/p/%40sle9317w
LINE登録はこちら 友達登録→ID検索→@sle9317w

その他の症状

  1. 生理痛

  2. 肩こり

  3. ぎっくり腰

  4. 膝痛の原因とは?①

  5. 坐骨神経痛

  6. 膝痛

PAGE TOP